紙幣と硬貨

これから投資を始める方にとって、気になるものの1つに投資の種類があります。
具体的に何に資金を利用できるのか、初めての方にとっては複雑なものにも見えるでしょう。
しかし、値上がりしそうな対象に資金を投じて、配当を受け取ったり、売却してより多くの資金を得たりする基本は同じです。

例えば、投資の代表格の1つである株式です。
購入できる株式には、有名な大企業のものから、その道で知られる技術力の高い企業、あるいは新興企業やベンチャー企業等、多種多様にあるものです。
株式というとハイリスク・ハイリターンのイメージがつきものですが、実際には1万円~3万円程度の比較的少額で取引できる銘柄も数多くあります。
初心者にとっても比較的敷居が低く、初めの一歩として利用する事もできるでしょう。

また、株式同様に投資の対象として有名な物の1つに、金があります。
金は古来人類にとって価値の高い貴金属であり、これは現代でも変わりありません。
特に、金融危機等の経済へ影響を及ぼす事件が起きた時や、不景気の時期等は価格が高まり易い傾向があるものです。
購入方法としては、店舗で地金やコイン等の形で実物を入手するだけでなく、かなり少額で毎月こつこつ購入できる純金積み立てや、株式の様にインターネットで取引できる金ETF等の方法もあります。

これら以外にも投資の対象は様々にありますが、これから始めようと考えている方が利用しやすい方法として、投資信託があります。
例えば、不動産等に投資するプロに資金を投じ、その運用益の一部を受け取る形の方法です。
不動産は初心者が資金を投じる先としては敷居が高く、必要な資金もかなり多く、リスクも高いものです。
しかし、投資信託であれば運用を行うのはプロですから、自分よりも運用の機知に富んでいる方に資金運用を任せられます。

記事一覧

オプトロムは名古屋証券取引所に上場していた企業ですが、上場廃止直前はいわゆるボロ株となっていました。...

グラフ

投資家にとって、企業の業績や経済の動向などは常に気にしなくてはならない数字です。 関係する省庁から資...

電話で話す女性

現在は株式市場が活況に呈しており、投資で儲けるチャンスが数年前と比べて増加しました。 メディアも書籍...

お金を出す人

投資をする時に注意すべきことは、どのようなリスクがあるのかということを把握しておくことです。 リスク...

グラフとペン

デフレ脱却を目標に掲げた政府と日本銀行の様々な政策によって、株式市場と外国為替市場は非常に盛り上がり...