• ホーム
  • まつ毛の密度を多くしたいならルミガンでパッチリ目元に!

まつ毛の密度を多くしたいならルミガンでパッチリ目元に!

2020年02月11日

まつ毛の長さはあっても密度が少なくて貧弱なことで悩んでいる人も多く、細くて頼りないまつ毛をしっかり太くて密集した状態にしたいことで美容外科などに相談するケースが増えています。まつ毛貧毛症は毎日しっかりホットカーラーを使ってまつ毛をカールさせたり、マスカラをしっかり塗ったり落としたりするのを繰り返してダメージがひどくなることでも起こります。なるべく負担をかけないのが一番ですが、メイクをするのは避けられないので薬を使ってまつ毛の密度をアップさせる方法が注目されています。

まつ毛貧毛症の治療薬として有名なのはルミガンで、有効成分は緑内障治療のための薬ですが育毛にも効果的です。副作用も少なく誰でも使えるのが魅力で、継続しているとまつ毛がふさふさになりボリュームのあるぱっちりした目元を実現できると言われています。実際にまつ毛が伸びたり密度が多くなったという事例も数多く報告されていて、顔全体の悩みが解消されて前向きな気持ちになったという女性は多く、何年も続けて使っている愛用者もいるほどです。

ルミガンは発毛サイクルに合わせて使うのが効果的なので、まつ毛の育毛に利用するなら緑内障治療とは違う方法で使います。まつ毛の発毛サイクルは最長で16週間くらいなので、使用開始から4か月くらいすると全体が生え変わって薬の効果がわかります。まつ毛の寿命も16週間程度と短いため、その間に成長と休止を繰り返していきます。

ルミガンの使用開始から3週間以上が経過すると、最初のまつ毛が寿命を迎えて抜け落ちてそこから新しい毛が生えてくる段階になります。新しい毛は太さが増加していたり、今までは生えていなかった部分からもまつ毛が育ってくるのがわかるようになって、少しずつ目元のボリュームがアップするのを実感できるはずです。

使用中の副作用としては一般的に目の渇きや違和感、充血などが報告されていますが、安全性の高い薬なのでそれほど心配することはありません。海外ではまれに目の虹彩への色素沈着やまぶたの黒ずみなどが指摘されることがあるので、もし使用中に何らかの異常を感じたら専門家に相談して一時使用を中止するのが無難です。自己判断で続けていると美容や健康に大きな問題を引き起こす可能性もあるので、体質に合わないと思ったらまずは専門家の意見を聞きましょう。

普通に使っていて気になる副作用がなければ、ルミガンはまつ毛貧毛症を改善するためにとても有効な薬です。まつ毛は全身の毛の中でも特に発毛サイクルが短い毛なので、上手にケアしていれば常に新しくて健康な毛が生えてきて見た目も綺麗になります。毎日しっかりメイクをする人はカーラーやマスカラによってまつ毛がかなりのダメージを受けてしまい、カールさせたときに大量に抜けてしまったり先端がやせ細って貧弱になったりします。育毛剤を使うことで弱ってしまったまつ毛に栄養を届け、新しくまつ毛が育つように促進することができます。

密度が増えれば大量のマスカラを重ね塗りして毎晩クレンジングに苦労したり、付けまつ毛が合わなくて困ったりする悩みもなくなるので、自分のまつ毛だけで目元の印象が変わります。体質的にボリュームが少ない人は何もしないでいるとますます毛の量が減ってしまいます。また、30代を過ぎて女性ホルモンが減少すると抜け毛も増えていきます。いつまでも美しくて印象的な目元を維持したいなら、まつ毛の密度をアップさせてぱっちりした瞳になれるように努力をしてみましょう。ルミガンは世界的に知られている緑内障治療で、育毛剤としても目元のケアに頻繁に使われているので安心感があります。まずは数週間実践してみるのがおすすめです。