• ホーム
  • ニキビをキレイに無くしたいなら医薬品が良い

ニキビをキレイに無くしたいなら医薬品が良い

2020年04月07日

毎日洗顔やクレンジングを徹底的に行っているのに大人ニキビが消えず、後から増えてきて傷跡が残ったり、色素沈着でシミになってしまうことで悩んでいるなら、もっと本格的な対策が必要です。綺麗に無くしたいなら専用の医薬品を使って菌を消滅させる方法が有効なので、女性向けで大人ニキビに特化した薬に注目してみましょう。

世界中で利用されていて効果が高い薬で有名なものには、アダフェリンやアダパレンがあります。毛穴が皮脂で詰まってしまい雑菌が繁殖することで炎症が起こるというメカニズムに注目し、皮脂を取り除くことで菌を消滅させてこれ以上ニキビができないようにします。アダフェリンやアダパレンは皮膚の働きを促進する効果を持っているので、角質層で作用してターンオーバーを促し、古い角質を排除することができます。

通常なら角質層は1か月くらいで生まれ変わるサイクルですが、毛穴が詰まっていると古い角質もそのまま残ってしまい、雑菌が繁殖する温床になります。また、角質層が厚い女性は毛穴も深くて汚れが蓄積しやすく、色素沈着が起きている部分もなかなか表面に出てきません。アダフェリンやアダパレンには角質層を薄くする効果もあり、余計な古い角質や汚れが蓄積するのを防いでくれます。

皮脂を取り除き角質を薄くすることで、皮膚の働きが正常な状態に戻るのでターンオーバーが上手に進んで肌が新しく蘇り、美肌を作ることができます。特に毎日しっかりメイクをする人は毛穴にファンデーションが入り込むのを避けられないので、日中に生活している間もどんどん皮脂が分泌されて汚れがたまります。家に帰ってクレンジングをしても全ての汚れを落とすのは難しく、毛穴が開いていたり角質層が厚くなっていると寝ている間にも菌が繁殖してニキビができてしまいます。

皮膚は正常に機能していれば自分で雑菌をガードしたり外部からのダメージにも耐えられるようになっていますが、ストレスがたまっていたり加齢やホルモンバランスの乱れ、栄養不足などさまざまな要因で自己防衛機能が衰えます。弱っているとニキビもできやすくなってすぐに肌荒れが起こったり、ターンオーバーが上手にできずいつまでも老廃物が角質の奥に残ってシミの原因にもなります。正常な状態を保つためには、規則正しい生活をして食事にも気を配ったり、自分に合ったスキンケアをすることが必須ですが、それでも治らない症状もあるので薬を使うことが有効です。

大人の女性に特化したニキビの治療薬を使えば、皮膚の働きを正常に戻して余計な皮脂の分泌を抑えたり、毛穴を目立たなくさせるような効果もあって美肌につながります。アダフェリンやアダパレンは世界中で使われている有名な薬で、効率よく雑菌を消滅させるために役立ちます。使い始めの頃は効果が強くて肌に赤らみが生じたり、乾燥したような状態になったり痒みや焼けたような感覚を感じることもありますが、2週間くらい続けていれば自然に肌が馴染んで正常な状態になるはずです。

ターンオーバーの周期である28日間を過ぎた頃には古い角質が剥がれ落ちて、シミが目立たなくなったり綺麗な肌に戻ったのを実感でき、今までよりもトラブルが少なくなるのがわかります。肌本来の力で治せることには限界があるので、どんなに食生活や生活習慣に注意していても治らない症状もあります。特に角質層の奥に潜んでいる雑菌が原因で起こる大人ニキビは、自分の力ではどうしても治らず跡が残って後悔するような問題にもつながるので、綺麗に無くしたいなら有効な医薬品を活用しましょう。ターンオーバーも促進されて全体的に肌が蘇るので、一石二鳥の美肌効果が得られます。