• ホーム
  • 乾燥肌を改善するには洗顔と保湿で優しくケアする

乾燥肌を改善するには洗顔と保湿で優しくケアする

2020年06月23日

普通肌の人はシミ対策でもほぼ全ての化粧品が使えるので、さまざまな美白方法が行なえます。乾燥肌や敏感肌の人の場合は使えるアイテムが限られているので、強力な美白化粧品は使えなかったりニキビ薬が肌に合わなくて炎症を起こすようなトラブルもあるため、特別なケアが必要です。

乾燥肌の人は洗顔をするときにこすらないようにして、なるべく手と肌の間に泡を作って優しく洗い流すようにします。洗顔のあとは保湿をしっかり行い、クリームや美容液をつけるときもこすらないように丁寧に触れるようにしましょう。クレンジングや洗顔は、潤いを重視した敏感肌用のブランドを使うのがおすすめです。どうしても肌に合わないときは天然オイルなど人肌に近い自然の成分を使ったコスメも有効です。

セラミドが配合されているスキンケアは保湿効果が高いので、新陳代謝を盛んにしたり体質改善にも役立ちます。敏感肌向けのアイテムにはセラミド入りの物が多いので、積極的に選んで試してみましょう。

肌に直接つけるのではなく食事として美容成分を摂取するのも体質改善に有効です。セラミドのサプリを服用したり、ビタミンCやビタミンEがたくさん含まれている食品を摂取したり、乳酸菌や食物繊維で腸内環境の改善を行うと敏感肌の悩みが解消されることもあります。水分補給も乾燥を防ぐために最適な方法なので、ミネラルウォーターや無糖茶などを積極的に飲むようにして、常に肌が十分な潤いをキープできるようにします。食事によって新陳代謝が盛んになると、老廃物が排出されて体の内側から綺麗になって、美肌につながります。

乾燥肌の原因は空気の乾燥であることも多いので、室内環境を見直してみると意外と大きな効果が得られます。加湿器を置いて極度の乾燥を防いだり、寝ている間に肌の表面から潤いが逃げてしまうのを防ぐと翌朝に肌全体がしっとりしているのを実感できます。空気の汚れが肌荒れに影響しているなら、空気清浄機を設置して室内環境を改善すると急にニキビや乾燥が治ることもあります。アレルギーなども肌荒れやシミの原因になりやすいので、まずは自宅や職場など普段の生活環境をチェックして肌に優しいかどうか調べてみましょう。

保湿は一日に何度も行わないと効果が薄れてしまい、特に乾燥肌の人はこまめなケアが必要です。朝スキンケアをしたら終わりではなく、日中も保湿クリームや化粧水を塗り直せるように外出時に持ち歩いたり、メイクを直すときにも保湿を意識してスプレーや乾燥肌向けのファンデーションを使うなどの工夫をすると、少しずつ体質改善ができます。どんなときもこすったり刺激を与えてしまうと逆効果になるので、なるべく肌に直接触れたり刺激が強い化粧品や洗顔料は使わないようにして、天然成分や肌に優しいものを選びます。

30代からのスキンケアは若い世代に比べて複雑で、肌のタイプによっても方法が異なります。乾燥肌だと紫外線対策やニキビ対策も大変で、一般的なアイテムが使えなくて困ってしまうことがよくありますが、敏感肌用のブランドを選んだり自然のオイルなどを利用することで対策ができるはずです。内側から体質改善をするために毎日の食生活を見直して、有効なサプリや健康食品を使ってみたりするのも有効です。肌が直接触れる空気にも注目して、室内の空気が乾燥していないかどうか、雑菌や有害物質が空気中に存在しないかなど、室内環境の改善にも取り組みましょう。

正しくケアを行えば、シミ対策が遅すぎることはありません。敏感肌や乾燥肌でも上手にやればニキビやシミを撃退したり、いつまでも若々しい美肌を保つことが可能なので自分に最適な方法できれいな肌を作りましょう。